ひらまそば屋:米沢ラーメン

投稿日:2009年9月14日 11:09 月曜日|カテゴリ:観光・食べ処

米沢ラーメン

DPP_0911県内に限らず有名になりつつある米沢ラーメン。
ご当地ラーメンとして「米沢ラーメン」は有名になりつつあるものの、米沢にあるラーメン屋さんはほとんど一貫性がないのが実情です。
とはいえ、米沢ラーメンと言えば「あっさり醤油」と「細縮れ麺」というイメージが定着しつつあります。そのイメージを作ったのがここ「ひらまそば屋」さんではないかと思います。

ひらまそば屋

text_DSCF1072米沢でも珍しい行列のできる店

ひらまは米沢市といっても、上郷地区や高畠に程近いの田んぼの真ん中に店舗を構えており、地元の人以外はなかなか辿りつけない場所でしたが、最近では観光雑誌などにも掲載されているため、県内外各地からのお客さんも多いお店です。

お昼になれば行列ができ、大体14~15時の間にスープがなくなり店を閉めているようです。
もっとも、東京の繁盛店のような何時間待ちということはありませんが、さくっと食べたい方は開店して間もなくの11時20分前後に訪れるのが得策だと思います。

text_DSCF1073昔懐かしい中華そば、おいしさの秘密は極細の縮れ麺

なんといっても、特徴的なのは細縮れ麺です!
この「ひらま」で作られる細く縮れた麺は、スープが絡まりやすく喉越しも非常に良い麺です。
スープは鶏ガラと魚介系(煮干?)を使ったそれほど癖のない醤油味のスープ。何度食べても飽きが来ない味です。
具はこの他に、固めのチャーシューとめんまで、昔からある「これぞ中華そば」という王道の味です。

私がまだ米沢に住んでいた時は「ひらまはしょっぱい」「かんくらい※」という人も多かった気がしますが、先日食べたときは昔に比べて幾分か塩見がなくなり丁度よくなっていたような気がしました。
人によっては、「上品なカップラーメンじゃん」と言う方もいらっしゃいますが、醤油のおいしいラーメンが食べたいと言う方にはオススメです!
※かんくらい=しょっぱいもの好きの人。

製麺所として米沢ラーメンを支える

ひらまはラーメン店であると共に製麺所も兼ねており、米沢ラーメンのおいしいところといえば、このひらまの麺を使っているところが多くあります。
他にもこの麺を使用したお店がいくつかありますので、別の機会にご紹介いたします。

店舗情報・アクセス

店舗名 ひらま
場所・交通 米沢市大字浅川314-16
国道13号線から上郷地区方面に向かう田んぼの真ん中(地図参照)。
メニューの一例 中華そば:500円
みそラーメン:650円
タンメン:650円
チャーシューメン:680円
※大盛りは100円増し
人気メニュー 中華そば:500円
スープ:鶏がら3:トンコツ1+煮干と各種野菜のあっさりスープ
麺:自家製の極細・手もみ縮れ麺
ホームページ -
電話番号 0238-37-2083
営業時間 営業時間:午前11時20分~スープが無くなるまで
休日 水曜日
備考 この情報は2009年7月時点のものです。
詳細な情報は公式ホームページをご覧になるか、
各施設に直接ご連絡ください。
ひらまそば屋:米沢ラーメン

この宿・温泉、施設を評価する

※この宿・温泉、施設に行ったことがある方、ない方問わず評価することができます。

タグ: ,

コメントをどうぞ